妊娠出産でもらえるお金まとめ

給付金を理解しておこう

給付金を費用の足しにしよう

どの制度でも、申請する時は書類が必要です。 会社によって、必要な書類が変わる制度もあります。 事前に会社に、何の書類が必要なのか確認してください。 出産前後になると、慌ただしく書類の種類を調べている時間がなくなります。 また自分に適応されるのか、調べてください。

申請する時の準備を忘れない

実は妊娠や出産をする時に、給付金を申請できます。
出産の費用が足りなくて困っている人は、給付金を利用してください。
出産手当金という、給付金があります。
働いている会社の保険会社に、申請する流れになります。
必要な書類は、それぞれの会社によって異なります。
急に書類を用意することになっても、時間が掛かるのでスムーズに申請できません。
早めに書類を確認してください。
傷病手当金という給付金もあります。
こちらは、適応される場合が決まっていると覚えておきましょう。

出産育児一時金を申請できるので、忘れないで申し込んでください。
こちらは最大42万円を受け取れます。
もし出産する時にこれ以上の料金になってしまった場合は、残りを自分で負担しなければいけません。
急に足りない分を支払えと言われても、お金の用意が難しいと思います。
出産する時に必要なお金を、早めに把握してください。
手術によって出産する女性は、医療保険を適応できます。

会社や、自治体からお祝い金が支給されることもあるので会社の決まりなどを確認しましょう。
こちらから申請しないと、お金を受け取れないところも多く見られます。
忘れないで申請してください。
また、申請できる期間が決まっているものもあるので、いつ申請すれば良いのか調べてください。
期間を過ぎてしまうと、お金を受け取れなくなってしまいます。
出産の費用を自分が全額負担するのは難しいので、給付金を頼りもしてください。

お金がもらえるパターン

出産育児一時金は、子供の数に応じて支給される金額が変わります。 中には普通分娩でなく、帝王切開をすることになった女性もいるでしょう。 すると手術をするので、医療保険が適応されます。 出産の方法によっても、もらえるお金が変わると覚えておきましょう。

会社や自治体に申請する

赤ちゃんが生まれることは、非常におめでたいことです。 会社や自治体から、お祝い金が支給されることがあります。 出産の費用が足りない場合は、お祝い金を足してください。 申請しないともらえないことが多いので、早めに伝えましょう。 またお祝い金の制度は、必ずではありません。

TOPへ戻る