>

給付金を費用の足しにしよう

出産手当金をもらおう

出産する際は、会社に出産手当金を申請できます。
出産手当金とは、働いていない時の給料をもらえる制度になります。
出産するため、会社を休むことがあると思います。
その時に給料をもらえないのは困るので、忘れずに申請しておきましょう。
会社の健康保険に入っている女性であれば、誰でも申請できます。

対象になるのは、出産する前の42日間、さらに出産してから56日までです。
それ以上休むのは自由ですが、出産手当金はもらえません。
働いていた時と、同じ給料がもらえるわけではありません。
3分の2ぐらいを支給してもらえます。
必要な書類を調べて、忘れずに申請しましょう。
病院の診断書が必要になる会社もあるので、きちんともらってください。

傷を負った場合や体調不良の際

中には、妊娠や出産の影響で傷を負うことがあります。
その時に、傷病保険が適応されるので申請してください。
傷の影響で、仕事を4日以上連続で休んだ人が対象になります。
こちらも出産手当金と同じように、普段の給料の3分の2が支給されるケースが多いです。
休める期間は、最も長いと1年半です。

妊娠途中は身体の具合が悪くなりやすいので、無理せず仕事を休んでください。
傷だけでなく、つわりや高血圧などの体調不良でも申請できる場合があります。
それらの症状があまりにもひどい場合は、医師から自宅で休むよう命令されます。
診断書があれば、会社に申請できるのでもらってください。
傷病保険は誰でも申請できるわけではなく、該当する人の条件が決まっています。


TOPへ戻る