>

会社や自治体に申請する

会社からお祝い金をもらえる

妊娠した時は、会社に早めに伝えましょう。
するとお祝い金をもらえるかもしれません。
特に女性が働きやすい環境を意識している会社では、進んでお祝い金を渡しています。
そのような会社は、再就職もしやすいメリットがあります。
出産する際は、仕事を一時的に休止しなければいけません。
他の会社では、ブランク期間がある人を採用しない傾向が見られます。

ですが女性に優しい会社は、ブランク期間がある人でも採用しいてくれます。
お祝い金ももらえるので、出産することまで考えて、女性はそのような会社に就職するのが良いですね。
会社に申請しなくても、お祝い金がもらえるところもあります。
システムはそれぞれの会社ごとに変わるので、聞いておきましょう。

自治体に申請しよう

暮らしている地域によっては、自治体から出産のお祝い金をもらえます。
申請しないと、自分が出産したことに気づいてもらえません。
積極的に申請してください。
もらえる金額や、申請できる期間は自治体によって違います。
また、もらえない自治体も存在するので気をつけてください。
最初から、出産の費用を自治体のお祝い金に頼ることはやめましょう。

妊娠したら、自治体は貰えるのか確認してください。
もらえない場合は自分で出産の費用を用意したり、他の給付金を使いましょう。
申請する際は、市役所に行くケースが多いです。
せっかく給付金をもらえるのに、期間を過ぎたら申請できなくなってしまいます。
申請できる期間を、早めに知ることが重要です。


TOPへ戻る