>

お金がもらえるパターン

子供の人数によって金額が変わる

出産育児一時金は、子供1人に対して42万円を支給してくれる制度になります。
双子を妊娠していた場合は、2人分なので84万円になります。
また、残念ながら流産してしまった人もいるでしょう。
その場合でも妊娠して4か月が経過していれば、申請できます。
申請する時は、出産した病院のサインが必要です。
ですがこの制度を申請できるのは、産科医療保障制度に加入している病院で出産した人だけです。

妊娠が判明したら、どこの病院に行くか決めると思います。
その時は出産育児一時金をもらうため、産科医療保障制度に加入している病院を見つけてください。
大きな病院であれば、きちんと産科医療保障制度に加入しているので出産育児一時金を申請できると思います。

自然分娩でなかった人が申請できる

基本的に分娩する時は、自然分娩と帝王切開の2種類になります。
お腹の中の赤ちゃんの状態によっては、自然分娩が難しいと医師から判断されるかもしれません。
その場合は帝王切開を選択することになります。
手術するのは怖いですが、無理に自然分娩をすると母体も赤ちゃんも危険な状態になってしまいます。
帝王切開をした場合は、医療制度が適応されます。

費用を少し負担してもらえるので、忘れずに申請してください。
給付金がもらえると思えば、帝王切開でも良いと感じるかもしれませんね。
赤ちゃんを無事に産むことを優先的に考えて、出産方法を選択してください。
帝王切開の場合は、設備が整っている病院へ行かなければいけないかもしれません。


TOPへ戻る